妻だけのカッコいい夫、愛妻家になろう。ライフデザインと婚活の blog

結婚相談所をやってます。『ただ一人、大切な女性だけのカッコいい夫』を目指すひとや、『キャリア以外も自己実現』したい人の婚活をお手伝いしたい!  一緒に成長し、目指しませんか?

  婚活中の、または検討中の方々へ

婚活関係 「生涯未婚時代」読んでみました

ハッピー!結婚相談の豊井です。

生涯未婚時代」、タイトルが気になって読みました。

f:id:YTT:20180927011554j:image

 

生涯未婚率というデータが国勢調査にあります。

人間が50才になった時点で未婚である率のことらしいです。

最新調査は2017年発表の、2015年時点のデータで、男性は23.6%、女性は14.1%でした。

 

つまり、今は男性の4.2人に1人、女性の7.1人に1人が50才になったとき未婚ということです。

この生涯未婚率が急上昇しています。

25年前の1990年には、男性で5.3%、女性は4.3%でした。男性で4.4倍、女性で3.3倍になったのです。さらに、、、

2030年にはこの率が男性の3人に1人、女性の4人に1人になるとの予想もあるそうです。

 

この状況から、この本の著者の永田夏来さんは「生涯未婚時代」が来たと言い、なぜそうなってきたか、そしてこういう世の中で人はどうすればよいかについて、書いています。

 

(以下、個人の感想です)

ですが読んでみると、未来は全ての人が一生未婚で過ごすとまでは、言ってません。

 

詳細を飛ばすと、この本の結論は、

・今の時代は、いろいろな幸福があるんだよ

・だから結婚してもしなくてもいいし

・結婚しても一生添い遂げないといけないわけでもないし

(実際に「結婚して5年以内の離婚が統計的に最も多い」そうです)

・「結婚とはこうあるべきだという理想像」にも縛られなくていいんだよ。

・何が幸せかは、自由に決めていいんだよ

・「結婚をする人生もしない人生も同じくらい尊い」んだよ、

 

ということみたいです。

 

つまり、

「人の人生それぞれ。結婚を選んでも、生涯未婚を選んでも自由だから、色々とある幸せの形から、自分の形を自分で選んでつかもう!」

 と言うことのようです。

 

なぁんだ。それなら賛成です。

でも、だったらこのタイトルでなくてもいいですね。暗いし、本の書きっぷりも少し難しいので、前向きな事を言いたいはずなのに、元気が出にくいじゃない。

 

例えばこの本は、こんな言い方です:

「自分が抱えている不安感や焦燥感は、「結婚」すれば本当に解決するのかは丁寧に考える必要があるでしょう」(p.148)

 

なんだか厳しい感じ。だけどごもっともです。

 

不安な人は普通に大勢いるし、大勢会ってます。でも結婚を不安解消のためだけにやれば、うまくいきませんよね。


私だって独身は不安だったけど、結婚したのはこのヨメさんとハッピーになりたかったからです。

 

ノーテンキですが、結婚するならハッピーになるため、といきたいし、

お相手選びも、一緒にいてハッピーになれるかな?で決めたいですね。

 

f:id:YTT:20180927012234j:image

 

そう思う人、思わない人も、お話しお聞かせください。

 

明日もがんばろう。 

 

婚活は、ハッピー!結婚相談で。

www.hapi10ra.jp