妻だけのカッコいい夫、愛妻家になろう。ライフデザインと婚活の blog

結婚相談所をやってます。『ただ一人、大切な女性だけのカッコいい夫』を目指すひとや、『キャリア以外も自己実現』したい人の婚活をお手伝いしたい!  一緒に成長し、目指しませんか?

  婚活中の、または検討中の方々へ

シン・ゴジラで新型コロナウイルス対策?

トヨイです。

新型コロナウイルス対策で緊急事態宣言も延長が決まりました。遊びにも行けずニュースも同じような話の繰り返しで気の晴れない日々。

政府も人々も努力しています。でも情報もあまり取れず、先行きもわからず物事も決まらずの現状。

こんな時はおうちで映画でもみましょう。

その時なぜか、私の頭に浮かんだ言葉は

f:id:YTT:20200504171821j:image

ゴジラが見たら 怒るだろうなぁ」でした。

そうだ、今こそ「シン・ゴジラ」を観て退屈を吹き飛ばそう。

お話はご存知の通り。突如東京湾に現れた怪獣、という「想定外」の事態。慌てる政府。今ある兵器を撃ち尽くしても通用しない。都民360万人が退避した。ニッポンはどう立ち向かうの?というもの。

f:id:YTT:20200504174203j:image

避難じゃなく全員外出自粛なのは逆だけど、想定外のパンデミックに今あるクスリは役に立たず、政府の対応も煮えきらない現状が、何だかこの映画と重なった。

せっかく2016年に「シン・ゴジラ」として日本を久々に訪れ、

「ボーッとしてんじゃねぇ」

と喝を入れたのに。とゴジラは怒っているようだ。

承知しました。もう一度見て学び直そう。

それに主演は「麒麟が来る」の長谷川博己。それだけでもいま「旬」というもの。

f:id:YTT:20200504224019j:image

 

改めて観ると、出演はオトコばかりだけれどそれはそれは豪華なキャスト。出演は全部で何と328人。

言葉のテンポが早すぎて字幕版上映まであったけど、ストーリーも良く練れているし、核兵器もない日本がこんな大怪獣をどう退治するのかも、いかにも日本の匠の技だし。

今どき硬派で漢字が多い(ヘリコプターまで回転翼機という)脚本も好きです。

「我が国を守る最大の力はこの現場にあり」

「今度も立ち直れる」

なんて言葉も元気が出ます。

f:id:YTT:20200504232704j:image

「人類はもはや、ゴジラと共存していくしかない」

なんてゴジラを「コロナ」と言い換えても何だか示唆深い感じしませんか?しないか。

石原さとみが米国の高官役というのも、彼女のハネっかえりな英語もバカにされたけど、今はご愛嬌だ。

 

東宝「入魂」の大作は、閉塞感からしばし抜け出せる大娯楽作。外出自粛時の今見るのが、とてもふさわしい。

と思います。

プロポーズはHowよりWhen!「どんな」プロポーズをするかより、「いつ」するか、が一番大事!

一生を共に過ごす女性の前では、カッコ良い夫でいたい (時おりでも)。
自分が目指してますし、そして、カッコいい夫を目指す婚活男性のお手伝いをしたい、ハッピー!結婚相談のトヨイです。

f:id:YTT:20191015001455j:image

 「妻だけにカッコいい夫」になりたい人、そんな男性を見つけたい人、無料相談大歓迎です。

さて、ある秋の週末、天気が良いので夫婦で日比谷公園に散歩に行きました。 

 日比谷通り側の公園南東の入り口から真ん中の芝生のほうへと向かう。にれの木広場から芝生が見えてきた。

f:id:YTT:20191015001009j:image

 も少し近付くと、真ん中の高い棒(旗立てか)の右手のベンチにカップルが。

下の写真で黄緑の丸の中だ。

f:id:YTT:20191015001100j:image

 突然、そのベンチの周囲から小さな歓声と拍手が聞こえた。あれっと思ったら、ベンチの男性が今まさにプロポーズしたようだ。

 

遠目にみると、イエスと答えたと思われる相手の女性がリングを指にはめるところだ。女性は感極まって嬉し涙の目をおさえる。のぞき見みたいで申し訳ないけど、遠くから幸せな場面を撮らせてもらいました。 

f:id:YTT:20191117222826j:image

ちらりとみると、男性は端正なマスクと大きめな体格で、髪を短くキレイにカットし、青っぽいジャケットで格好いい。女性も色鮮やかな服を着て、二人の服装が今日のデートがいかにも特別であったであろうことをうかがわせる。ベンチのふたりの後ろで話しかける女性はカメラマンのようだ。

男性は、この時のために周到に準備をしていたんだろうか。だったらスゲー。自分のときはそんな余裕ゼロでした。

きっと一流のレストランを予約し、日比谷公園を下見してどのベンチにするかをあらかじめ決めて、カメラマンを頼んで打合せしておいたんだろう。

そして当日、最高の昼食を終えて、日比谷公園に散歩しよう、なんて言ってカメラマンが先回りして場所取りしていたベンチに向かったに違いない。しばらく会話をたのしんだのち、男性は真剣な表情で、その女性が自分にとってどんなに大切で、二人でいるとどんなに幸せかを話し、ヒザをついてプロポーズしたんじゃないか。

その一部始終はカメラマンが撮影し、おめでとうございます!なんて言って周りの人にも気付かせて拍手を促したにちがいない、なんて想像する私。そんなに凝った演出は非現実的かもですが、こういう想像(妄想ではなく)って楽しい!

でもそんなに準備して、断られたらどうするの?

そうなれば痛々しいことこの上ない、なんて思う人もいるでしょう。

そこで一言:プロポーズはイチかバチかでやってしまうのはお勧めできません。

というか、現実はプロポーズって、イチかバチかでするなんてあまりないと思いませんか? だいたいは、プロポーズはお互いがOKな感じになってからするものです。それに多くの女性は実は、サプライズって嫌いです。程度の問題ですが、あんまり度肝を抜いては失敗しますよ。

 

つまり、プロポーズはどうやってするか、ではなく、いつするかが一番大事ということです。

 

そのために大切なことは二つ。

一つ目は、二人の関係を冷静に見つめ、判断できているかどうか。冷静にみて、お互いが既に結婚したいと感じているかを見極めるのです。

二つ目は、そして機が熟したと思えば、その時を逃さないこと。先延ばしはダメです。

幸運とは、十分に準備ができている人に訪れ、それをその時に逃さない人だけがつかめるのです!待っているだけだと、幸運の確率はとても低いものなのです。

この男性も、準備ができていてそれを逃さなかったので、Noと言われるなんて考えていなかったと思います。二人でお互いが十分わかり合える関係を作り、お互いをよく知り、お互いの「熱い思い」を「冷静に」見極めてから、決断したに違いない。そしたらすぐ実行に移すだけです。

そうとなれば、デートを申し込む時点でお相手は、『いよいよ来た!』と期待しているだろうし、あとは勇気を出して実行するだけ、だったんじゃないでしょうか。ここまで来ていれば、プロポーズの仕方はカッコ良くてもダサくても関係ない。真剣ささえ伝われば、相手はじっとその言葉を待つだけです。

そういうことにしておきましょう。

 

f:id:YTT:20191117212152j:image

しかしワタシも色々と経験しているつもりですが、他人さまのプロポーズ場面を目にするのは初めてでした。素晴らしい場面への巡り合わせに感謝。

 

f:id:YTT:20191117212243j:image

 奥さんと幸せな気分で日比谷公園を北に進むと、今度は日比谷茶廊の屋外テントで人前式の結婚式をしていました。上の写真の右側に写るお二人、本当に嬉しそう。

よかったね!

 

婚活は、ハッピー!結婚相談で。

www.hapi10ra.jp

婚活。お見合い後の初デートでは花を1輪、差し上げましょう

一生を共に過ごす女性の前では、カッコ良い夫でいたい (時おりでも)。
自分でも目指してますし、そして、カッコいい夫を目指す婚活男性のお手伝いをしたい。そんな結婚相談所、ハッピー!結婚相談 の豊井です。

 「妻だけにカッコいい夫」になりたい人、ご相談ください。

無料相談お受けします。

f:id:YTT:20190623231315j:image

さて、婚活男性の多くには、色々な困難が待ち受けます。

 

まずはお見合いを申し込み、沢山断られる。

次に、せっかくお見合いできても、次に進むのがたいへん。

そして、お見合い後に運良く仮交際(真剣に交際するかを何回かデートしてお互いに見極めるステージ)に進めても、先に続かない。

f:id:YTT:20190623232117j:image

私が思うに、この仮交際から真剣交際へと進む段階が、最も厳しいところです。

ここでお相手と楽しい時を過ごし、徐々に恋愛感情と信頼感が生まれると、真剣交際へと進めます。ここまで来れば、成婚への確率はぐっと上昇します。

つまり、その前段階である仮交際が肝心です。それも一番最初の、お見合い後の初デート、ここが相当大事だと思うのです。ここでうまくいかないと、二度目のデートへと進めません。となれば、またお見合い相手探しに戻ります。

しかし、一度目のデートで急に親密になる必要は全くないのです。

初デートで大切なことは、お相手に『次も会いたいかも』くらいに思ってもらうことでしょう。ぜひまた会いたい、であれば素晴らしいですが、それを狙って実現するのは大変です。むしろ初デートは、盛り上げるよりは、少しずつ関係を作るつもりで、焦らず行きましょう。

よって、初デートはせいぜい2時間で切り上げるのが良いでしょう。その間、お互いに楽しい時間を過ごすことだけを目標にしたいものです。

しかし初デートはとても大事ですので、ここは多少の冒険をしましょう。

私のお勧めは、花を一輪、初デートでお相手にプレゼントすることです。

 

女性とのおつきあいで、とても大切なことがあります。

それは、よい思い出を作り出すことです。ちょっとしたことでよいのです。特に初デートでお相手に幸せな笑顔を生み出せれば、それだけで自分も嬉しくなりませんか?

そこで私はお勧めします。デートの場所の近くに、事前に花屋さんを探しておきましょう。そしてデート当日に花屋に行き、お花屋さんに相談して、とびきり新鮮できれいなバラを一輪、選んでもらいましょう。

色は何でもよいです。赤いバラよりはむしろさりげなく、白でも黄色でもピンクでもOKです。

ほとんどの女性は、花のプレゼントは喜びます。デートで最初に顔を合わせたときに、『今日はありがとうございます』といって一輪のバラをにっこりと渡しましょう。

花束はやりすぎです。

f:id:YTT:20190623231622j:image

忘れないで、女性が贈り物を受け取るときは、必ずその女性にとってそれを受け取る理由が必要です。だからムリのない理由を作ってあげましょう。

花束だと、そんなにしてもらう理由がない。だってまだ親しくないんだから。

でも一輪なら、初めてでも断る理由もないし、大切にされていると素直に喜べるんじゃないでしょうか。

以上です!

 

婚活は、ハッピー!結婚相談で。

www.hapi10ra.jp

婚活:相手の条件?、大事だけど、細かく決めてもダメ。

一生を共に過ごす女性の前では、カッコ良い夫でいたい (時おりでも)。自分でも目指してますし、そして、カッコいい夫を目指す婚活男性のお手伝いをしたい。そんな結婚相談所、ハッピー!結婚相談 の豊井です。

f:id:YTT:20190418021448j:plain


結婚相談所というお仕事やってて、時々思います。

「理想の相手がみつかる」という相談所の甘い言葉。実際は難しい。

 

「理想の相手」なんて、まるでサマージャンボの一等クジです。どこかで存在するに違いない。でも、ごくわずかな超幸運の人にしか当たらないか、何年も探し求めてやっと巡り会うか。そんなものでしょう。

つまり、出会える確率が低い。低すぎます。

とすれば、婚活している人、理想の相手を何年も待てますか?

 

それにしても、何をもって理想というんでしょう?

それって、相手の条件?

年収、職業、学歴、家柄、長男次男長女一人っ子、親と同居するしない、喫煙禁煙や、身長・体型や顔といったルックス面とかは、外形的「条件」です。

 

このうち何を重視するかは、人の自由です。ある程度相手に条件をつけるのは大事です。特に「これだけはダメ」という条件は正直な方がいい

でも「条件」だけで理想の相手は見つかりません。むしろ条件を沢山つければ、出会える相手は減ります。

 

 

f:id:YTT:20190418002313j:plain

忘れないで。現実は、あなたが相手を選ぶと同時に、相手もあなたを選ぶのです。

自分と相手方が互いに条件を厳しくすれば、人と会える確率はゼロに近くなります。

そして出会う相手が見つからなければ、最初から結婚をあきらめるのと同じ。

 

おまけに、条件を厳しくすれば相手と出会えなくなり、自信も減退し、負け犬感がつのり、婚活のやる気もなくなっていく。こわいです。そんなのはイヤだ、と私は思う。

 

相手に求める条件とは、相手と会えなくなる条件ではなく、会える相手をなるべく多く見つけるために、設定するものです。

そして、人と会えた方が、会えないよりずっとハッピーだ。そう思いません?

 

だから「条件」は、検索条件を絞り込むためにではなく、自分が許容できる範囲を広めにとるために決めるもの、と思いましょう。

 

つまり、相手候補に求める条件とは、↓↓↓こういうものだと思いましょう:

・理想的な条件を求めるのではなく、

・自分としては「これだけはイヤ」というレベルをはっきりさせ、

・「だいたいこの範囲なら許容できる」という範囲を示すものにしましょう。

 

理想の相手とは、探し求めるものではない。

出会って「いいな」と思ったひと同士が、時間をかけて二人で、互いに作り上げるものなのです。

 

ただ「妻だけにカッコいい夫」づくりを目指すものとしては、体型や顔は重視しなくても、清潔さとおしゃれな服装は、殿方には求めたいところです。なりたい人、ご相談ください。

無料相談お受けします。

 

 

婚活は、ハッピー!結婚相談で。

www.hapi10ra.jp

婚活にあたり「妻が怖い」という男にならないために

一生を共に過ごす女性の前では、カッコ良い夫でいたい (時おりでも)。

そんな婚活男性のお手伝いをしたい、ハッピー!結婚相談 の豊井です。

f:id:YTT:20190320040252j:image 

さて婚活中の、又は検討中のあなた、「この人だ」という女性に出会い、幸せに結婚したら、自動的に幸せな日々が続く、なんて思ってないですよね? それも何十年もの間?

そうなる人はホントにラッキーでしょう。

 

殆んどの場合、二人で幸せになりたいという明確な意図をもち、そのために少しでよいので努力を継続しないと、いずれ崩れます。

 f:id:YTT:20190320040440j:image

 

その努力を、オトコが怠るとどうなるでしょう?

 

往々にして、お嫁さんが「怖く」なります。ホントですよ。

 

 話題の「妻のトリセツ」という本にも、最初に書いてます。

 

「妻が怖い、という男が増えているらしい」と。

 私は違います。愛妻家ですからね。

f:id:YTT:20190320040839j:image

 

「妻が怖い」時って、どんな時?

この本の「はじめに」にある例だと、最悪、こんなことらしいです:

 

「妻がいつもイライラしている」

「いきなりキレる」

「何をしても怒られる」

「無視する」

 

人間だから、たまにキレても仕方ない。でもこれが続けば、そりゃもう怖いです。

 

なぜ、どんなとき妻は(女は)怒るの?

 

「妻のトリセツ」では、

妻は、夫に嫌な思いをさせられると、その体験を忘れないものです。と説明しています。

私の経験からも、ほぼ間違いない感じです。

 

仕事や子育てのグチをちゃんと聞かなかったり、

落ち込んだ時に何気ない言動でさらに傷つけたり、

といった時に味わった嫌な感情を、妻はずっと覚えているというのです。「女性脳」はそうできてるんだって。

 

そうしたことが何度か起きると、しまいには「あなたはいつも○○だ」と決めつけられ、いずれ反論の余地も失います。悪化すれば、名誉回復は難しくなり、針のむしろです。

 

そして待つのは熟年離婚?いや今どき、もっと早く見切られるでしょう。

怖いですね。

 

ではどうしたら良い?

 実はシンプルです。

女性は、嫌なことも覚えているけど、幸せな体験だって覚えてます

 

要は、ささいな事でも妻が幸せに感じることを心がければいいんじゃないでしょうか。

例えば、

・グチをちゃんと聞く。

・聞いて共感する(これが最重要!)

・結婚後もたまにはデートに誘う。

・デートの時はお店をちゃんと夫が予約する。(いいですか、予約は大事です。予約なしで行き当たりばったりの店に入るのはダメ!)

・記念日は忘れない。

・お花を贈ったりして妻を大切に思っていると行動で示す。

 疲れたときに肩を揉む?、等々です。

 

要するに、相手を大切にしていることを示すということと思います。

f:id:YTT:20190320035118j:image 

忘れないでください。

「妻のトリセツ」にもありますが、妻が夫に時折キレても別れないとしたら、それは夫が好きで、期待しているからだと言うことを。

 

期待に応えるには? そう、行動です。

ちょっとずつ、上にあるようなことをしましょう。一年に一回ではなく、ちょくちょくと。

一発のホームランより、小さなヒットをコツコツ積み重ねる感じです。そのつもりで結婚後も妻に接しましょうね。

そうすれば、多少の山や谷はあってもおおごとにはなりません。円満です。

 

 そんな事が、全部すぐできなくても、そうした努力を積む夫が、妻にとって(時には)カッコいい夫です。

目指してみませんか?

 

明日も頑張ろう。

婚活は、ハッピー!結婚相談で。

www.hapi10ra.jp

 

 

 

羽田空港国際線ターミナルビル で妻とデート?

とよいです。

前回のブログから随分と間が空いてしまいました。大反省です!心を入れ替えます。 

さて最近、ある講習を受けて自分の存在意義は一体何なのか、につきじっくりと考え中です。

そういう事は仕事ばっかりであまり深く考える機会がなかったので、とても自分に役立つと思ってます。

情報であふれて、忙しくて変化が激しい世の中でも、自分の中で変わらず一貫したものは何か?を考えるといった事です。

まだ答えは出ませんが、まず一つ、結婚相談所として、これから一貫して発信していく事を決めてみました。

 

それは、自分は愛妻家という事です。

 

そしてこれから自分は愛妻家になりたい人と、愛妻家と一緒になりたい人を結びつけたい。

そんな事を自分の役割と思って働きます!


というわけで今回は、そんな愛妻家のプチデートの共有です。といっても、妻の用事で羽田空港まで送っただけなんですが。はは

 

この日は仕事を少し早く切り上げ家に帰り、妻を羽田まで見送りました。(うーん、愛妻家っぽい?)

浜松町からモノレールに乗り、羽田空港国際線ビル駅で下車。改札でるとすぐ国際線カウンターに直結だ。コレは便利!

国際線カウンターで妻がチェックインしたあと、搭乗まで2時間以上あったので、エスカレータで上がってレストランフロアへ。

お店の名前の入ったちょうちんがおしゃれ。

f:id:YTT:20190228231822j:image

 

ちょっとすいてるおでん屋さんを発見して入りました。

f:id:YTT:20190228232223j:image

銀座のおぐ羅というお店の支店です。

ギンザの本店はもちろん行ったことありませんが、この羽田空港店、店員さんがちゃんと会話でき、マニュアル棒読み対応なし。

おでん以外に、なめろうも、タイのお刺身も、何でもとっても上品においしい。(写真はなめろう。こんな上品ななめろう初めて!)

f:id:YTT:20190228232434j:image

値段もリーズナブルで、おまけに24時間営業。

見ると向かいの回転寿しも24時間で、満員。

f:id:YTT:20190228232749j:image

24時間営業の飲食店が多い。深夜に到着しちゃう人にはありがたいでしょう。 

店を出て、二人でターミナルビル内を少し歩くと、モダンな和のデザインと暗めの照明で、とてもお洒落で落ち着く雰囲気。

f:id:YTT:20190228232737j:image

押し付けがましいおもてなしよりも、よっぽど気が利いてます。

f:id:YTT:20190228232901j:image

妻を見送り、モノレールに乗って帰りつつ思うに、羽田の国際線ビルは成田より断然カッコよくなったね。

今度は飛行機の用事なしで、嫁さんと食事に行ってみよう。
食事だけのデートでも結構オススメと思います!

 

明日も頑張ろう。

婚活は、ハッピー!結婚相談で。

www.hapi10ra.jp

 

 

記念日は忘れないように。

とよいです。

少し前の話ですが、結婚記念日でした。いや、忘れてたんじゃなく、当日は夫婦でちゃんと食事に行きましたよ。

f:id:YTT:20190125003222j:image

銀座二丁目のダズル(Dazzle)というお店でした。もちろん事前に予約してたので、忘れようがありません。

天井が高く、入ると奥の壁一面に、天井まで続くガラス張りのワインセラーが目を奪う。

照明も薄暗くていい雰囲気。

リストを見れば、良いワインが赤白とも数種類、グラスで飲めます。そんな飲めないのに見栄はってボトル頼まなくて良いし、銀座のお店としてはリーズナブルです。

ウェイターさんも感じがよろしい。どう食事とワインを合わせるかも気軽に聞けます。

女子会でも人気だそうです。確かに、オシャレした3-4人くらいの女性客を何組か発見。

男性も気おくれせず、特別な日や大事な日には女性を誘って、いいところを見せましょう。

今度、そういう事も書いてみます。

デートに選ぶお店とか、どんな服着ようとか、ワインってどう頼むんだとか、迷っちゃう人困ってる人、お気楽にメールください。

f:id:YTT:20190127161116j:image

上は生ガキにエクストラバージンのオリーブ油とレモンでいただきました。サッパリして身も甘くて臭みなし。サイコーでした。ほかに前菜とパスタとメインのお肉をアラカルトで頼んで夫婦で分けてもらい、デザートがわりにチーズをいただきました。

コース料理では頼みません。妻がデザート食べないのと、そんなに食べれなかったので。そういうとき、このお店では、「ではメインを二皿にお分けしますか?」と聞いてくれました。良いお店です。

 

さて、未婚の殿方にはぴんと来ない人もいるかも知れませぬが、結婚記念日は大事です。いやホント、結婚記念日と妻の誕生日は忘れるとまずいです。

 

例えば妻の誕生日。起きたらニコリと笑って「おめでとー!」というはずだったのに、それも前日まで覚えてたのに、当日の朝コロっと忘れ、出社してから思い出す、なんてこともありました。これで帰宅後も忘れたらアウトです。

 

そういう時、そのまま何もしないと本当にまずいです。大事な相手のハズなのに大切にされてない。それも誕生日にそんな事を印象付けたら、結構糸を引きます。

嫁さんの誕生日に帰りが遅いような時は、ワタシはせめてお花を一輪持って帰宅し、妻におくります。

そういう時のために、帰る途中にお花やさんがどこにあって、何時頃まで開いてるか、チェックしておきましょう。

シアワセなら態度で示そうよと言いますが、実は態度だけというより、相手が大事なら行動で示そうよ、だぜ。

 

明日も頑張ろう。

婚活は、ハッピー!結婚相談で。

www.hapi10ra.jp