妻だけのカッコいい夫、愛妻家になろう。ライフデザインと婚活の blog

結婚相談所をやってます。『ただ一人、大切な女性だけのカッコいい夫』を目指すひとや、『キャリア以外も自己実現』したい人の婚活をお手伝いしたい!  一緒に成長し、目指しませんか?

  婚活中の、または検討中の方々へ

映画『ウィンド・リバー』は一流の現代西部劇

とても面白かった!

と言うのがはばかられるような、暗いテーマ。でも不思議と人間味があり、見終わって自分も頑張ろう、などと思いました。変ですかね。

f:id:YTT:20180924023129j:image

それはともかく、コレは超一流の娯楽作と思います。冷たい緊張感に縛られ、最後まで目が離せない。(Yahoo!映画の紹介はこちら

 

でも初デートには向かないでしょう。笑いもロマンスもありません。

でも面白かった。

 

2017年カンヌ映画祭の「ある視点部門 監督賞」受賞だって。そりゃ面白いもん。

 

アメリカではわずか4館上映から、口コミで大評判で全米公開に広がった秀作。

東京では有楽町の角川シネマで上映中!

 

米国の雑誌では、コレは「西部劇」と分類してあった。たしかに西部劇だ。

 

ポスターを見ると、アメリカの寂しい、寒くて雪深い田舎の殺人事件か、と想像できる。舞台は合衆国北西部ワイオミング州のウィンド・リバーにある先住民居留地

 

米国の片田舎に起きる悲しく残酷な事件や恐ろしい事件、という話は「スリー・ビルボード」「ボーイズ・ドント・クライ」「エミリー・ローズ」「ファーゴ」など多いけれど、コレは見てよかった~。

 

こんないい映画が、9月21日公開でまだ二日目なのに、夜6時過ぎに1日一度しか上映しないなんて。もったいない。

 

ジェレミー・レナー主演。「ザ・タウン」「ミッションインポッシブル・ ゴースト・プロトコル」「メッセージ」などで斬れ味鋭くシブい演技で大ファンです。

 

ところで、合衆国のど田舎は、寂しくて厳しくて何もなく、怖いとさえ感じるところはあるのでしょうが、

でもほとんどのアメリカの田舎町は、優しくていい人ばかりですので、あまり誤解しないでくださいね。

私は高校のときオハイオの田舎に一年ホームステイして、大事にされました。トランプさんみたいな人ばかりじゃないのです。

 

明日もがんばろう。 

 

婚活は、ハッピー!結婚相談で。

www.hapi10ra.jp