妻だけのカッコいい夫、愛妻家になろう。ライフデザインと婚活の blog

結婚相談所をやってます。『ただ一人、大切な女性だけのカッコいい夫』を目指すひとや、『キャリア以外も自己実現』したい人の婚活をお手伝いしたい!  一緒に成長し、目指しませんか?

  婚活中の、または検討中の方々へ

スピード婚 何を根拠に決めるの?

とよいです。前回からずいぶんと間を空けてしまい、すみません。

 

前回は、スピード婚の方がむしろスロー婚より長く続くという調査結果もある、という話でした。

ytt.hatenablog.com

 

f:id:YTT:20190116040437j:image

短期間の交際でも、ちゃんと良い相手は見つかる、と言いたいわけですが、

では何を根拠に、短期間でこの人なら結婚してうまく行く、と判断できるんでしょう?

 

人は皆違うし、絶対の正解はありません。と言いつつ、私は以下の3つくらいがいいかなと思います。でも、最初の二つでも十分かもです。

ーーーーー

(1) 互いに笑顔が自然に出るようになる

(2) 相手の多少の欠点は、受け流せる

(3) 相手への不満はもろにぶつけず、お互いに「お願い」できる(でも「わかりました」と言い、すぐには解決しなくてよい)

 

ーーー

(1) 笑顔が自然に出るようになる

 

一緒に暮らすから、楽しいのがいいですよね。最初はぎこちなくても、会ううちにお互い笑顔が自然に出るようになれば「当たり」でしよう。であれば互いにリラックスできているわけだし。

理屈抜きに、こんな単純なことこそ大切だと思ってます。

 

ーーー

(2) 相手の多少の欠点は、受け流せる

 

受け流すというのは、

・無視や、見なかったことにするでもなく

・気になるけど我慢する、でもなく

・100%受け入れる、でもありません。

 

気がついたうえで「まぁいいか」とさらりと流す、という感じです。

 

「欠点」というのも表現が難しい。もっと言いかえれば

「予想や期待とのずれ」だったり、

「自分には普通と思えることが、目の前の相手にとっては違った」なんて発見も、相手の欠点と写るかもしれません。

 

いずれにせよ、相手を知るほどに、ちょっとした「あれ?」とか「ん?」と思うことは普通にあるはずです。そしてそれは、相手が自分をみるときにも、同じようにありそう、と思いませんか?

 

完璧な人は普通いませんね。むしろ真剣に相手のことを知るほど、相手は完璧ではなく、良いこと以外も見つかるということは、正常だとも思えます。

 

だから、相手の好きなところを重視して、多少の欠点は受け流せれば、余計な対立になりません。それどころか、相手のいいところにもっと目が行くでしょう。そんなことが、長続きのカギになるのです。

 

なので、相手の欠点を見つけても、

「そのうち直してもらおう」と思えるくらいで気がおさまるような相手は、良いお相手と思いますよ。

 

ーーー

(3) 相手への不満はもろにぶつけず、お互いに「お願い」できる(でも「わかりました」と言い、その場ですぐ解決しなくてよい)

 

小さな欠点は受け流す方が、二人でハッピーに暮らせますよ、ということですが、長い結婚生活では、互いに不満は何かしら生まれます。スピード婚ならなおさら結婚後に発見する不満はあるかも知れません。

 

でも、うまく続く夫婦の多くは、互いの不満にも対処できているようです。

 

繰り返しますが、完璧な人はいません。そして、人はそんなに簡単には変われません。

 

特に、一般的には「これは直してほしい」なんて言われることほど、自分を変えにくかったりします。それを非難されたり怒られれば、相手は感情をこわし、対立するのが普通だし、それが人情なのでは?

 

良いところは変えない。そして、よくないところは、少しずつでも自分を変えようと互いに努力するのが、夫婦と思います。それでも現実には、人は簡単には変われません。

 

そこで、今すぐには変化を求めず、互いに、変わるために時間を与えることが、とっても大事です。

 

ジョン・グレイ博士の「一人になりたい男、話を聞いてほしい女」では、相手に不満を持つときは、非難せず、そして感情的に「頭に来る」「イラつく」などと言うのでもなく、こうしましょう、と言っています:

 

冷静になって、簡潔に「○○してほしいな」とお願いしよう、というのです。

 

そして大事なことは、相手はその場では「うん、わかった」とだけ言うことにして、自分で行動を変える気になるまで時間を与えてもらうのです。

 

相手への不満は、その場ですぐ改善の意思決定を迫らず、時間を与えましょう。

 

すぐ問題を解決できなくて良いから、その事をお互い穏やかに話せるようになり、努力しようと思えるなら、それこそ完璧ですね。

 

さすがに(3)まで全部は難しいかもしれません。私もこれは合格とは言いがたいです。ウチもケンカはたまにするし、完璧は無理です。ですが一応、悪いところは直そうと思ってやってきました。100%でなくても、自分も少しは変わろうとしてきたことは、ハッピーと円満のカギと思います。

 

相手について結婚後に新たに知ることは、結婚前に分かることより多いです。短期間に、相手を完璧に知ることは無理ですから、結婚後に多少の違和感を感じることは出ます。だからこそ、楽しい新発見ばかりではなく、「あれ?」と感じた時に、お互いに怒らず怒らさず、ちゃんと話せるかは大切ですね。ちょっと最後はまとまりなくなりましたが、私は、以上のことが大事と思います。

 

ところでスピード婚といえば、俳優の中尾彬さんは初デート?から3ヶ月で結婚したそうです。

 

「長く付き合えばいいってもんじゃないよ。アラが(お互いに)見えてくるからね」

と昨日のTVで仰ってましたが、賛成です。

 

ウチの場合、会って半年で入籍したので、お互いよぉく知り合うのは結婚してからでした。

アラは多少見つかっても、堪忍してもらってます。

 

あー今回は難しいトピックでした。

真面目に考えるほど、また色々な例を考えるほど、正解はないというのが実感でしたが、自分なりに大事と思うことを、何度も考えて書き直しました。皆さんはどう思われますか?

 

明日も頑張ろう。

婚活は、ハッピー!結婚相談で。

www.hapi10ra.jp