妻だけのカッコいい夫、愛妻家になろう。ライフデザインと婚活の blog

結婚相談所をやってます。『ただ一人、大切な女性だけのカッコいい夫』を目指すひとや、『キャリア以外も自己実現』したい人の婚活をお手伝いしたい!  一緒に成長し、目指しませんか?

  婚活中の、または検討中の方々へ

西城秀樹 お見合い結婚だったのか 「蒼い空へ」を読んで

2018年ももう12月。テレビっこなんですが、本もちょこちょこと買っては、全部読みきれない年が続いてます。昨日も一冊買っちゃいました。

TSUTAYAでクルマの雑誌を買って、何となくコンカツ関係のネタないかな、と本を探して目がいったのが、この本。

「夫・西城秀樹との18年」という副題が目に飛び込んできた。

ヒデキの奥さまの手記だ。

f:id:YTT:20181212002107j:plain

ヒデキが亡くなったのが5月とある。そうでした。もう7ヶ月もたったのか。

 

ytt.hatenablog.com

 

ヒデキの歌が大好きだけど、自分が熱心なファンかというとそんな気はしませんでした。ヒデキが死んでしまって悲しかったけど、ニュースが出るとき以外は彼を思うこともないし。

でも不思議なもので、本の白と水色の表紙と、「蒼い空へ」の文字を見たら、大好きなヒデキの歌「ブルースカイ ブルー」が心のなかで聞こえてきて、奥さまの悲しみと、どこか朗らかで爽やかに、この歌の最後のフレーズを歌うヒデキの声が重なった。

「♪青空よ 遠い 人に 伝えてさ~よな~らと~」という歌詞です。

歌ってスゲー、と思いません?ホントそう思った。

 

結局この本、買っちゃって、そして珍しく、その晩に読みました。

奥さまの感情を抑えた文章にかえって深い悲しみを感じ、ヒデキの不安一杯でも負けない闘病生活ぶりに心を打たれ、そして何よりも出会いから驚きと笑いで楽しくて、幸せな家庭だったことが強く伝わりました。

読み終えると、上の歌詞のように、しみじみ元気の出る本でした。ヒデキのことも人間として少し理解した気がして、親近感がわいた。これがファンになるってことかな。

f:id:YTT:20181212023627j:image 

意外に思ったのが、ヒデキってお見合い結婚だったのか、ということ。一般人の木本龍雄(本名)として、こんなにまともで強くて優しい女性に出会えて、幸せな家庭を築いてよかったね。

こんな幸福感あふれる出会いづくりのお手伝いをしてるんだな、と思った夜でした。

 

明日も頑張るべし。

 

婚活は、ハッピー!結婚相談で。

www.hapi10ra.jp