妻だけのカッコいい夫、愛妻家になろう。ライフデザインと婚活の blog

結婚相談所をやってます。『ただ一人、大切な女性だけのカッコいい夫』を目指すひとや、『キャリア以外も自己実現』したい人の婚活をお手伝いしたい!  一緒に成長し、目指しませんか?

  婚活中の、または検討中の方々へ

読書「頭に来てもアホとは戦うな!」 を読み返す

豊井です。

この本、買ったのは半年近くまえだったと思います。その時は25万部突破!だった。その後も売れていたのは知ってたけど、今日TSUTAYAに行ったら、また棚に平積みしてある。なんといまとなっては60万部も売れてるらしい。

 

これはとっても面白くて、とっても勉強になった本でした。

f:id:YTT:20181108224852j:plain

 

家に帰って改めてこの本を開くと、初版は2014年でした。そんなに長い間かけて60万部に届いたんだ。タイトルが印象悪くても、中身はいいことが沢山書いてあるから、売れるのでしょう。

 

ひとが自分を認めてくれないと悩んでいたり、理由もわからず怒りっぽくなっていたり、許せないことがある人、なんかむしゃくしゃする人、お薦め◎です!

 

なぜ自分がそうなるのかがわかり、スッとして、他人も、そして自分も許せるようになり、気がらくになるんじゃないでしょうか。

 

最初は、タイトルが偉そうで、バカにすんなよ、と思いました。誰だ作者は、と思ったら田村耕太郎さんです。もと参議院議員で若いフォロワーが多い。

田村さんには以前、仕事でセミナー企画をしたときに、スピーカーにハーバードの教授を連れて来て自ら対談役をしてくれた。

大言壮語タイプだけれど他人に対してはちゃんとしていた。その1年後に道で偶然見かけて挨拶すると、顔を覚えていて、感じよく応対してくれました。

 

そんなこともあり本を手にとって開くと、こう書いてありました。

 

戦うべき相手は人間関係で「くよくよ悩む自分」「腹を立てる自分」だと思って欲しい

 

この本は、何かを目指して頑張る自分を、どんなアホが邪魔するのか、そういうアホとはどんな人なのか? といった話から始まります。

 

田村さんによると、そういう人はこんな人です。本の第1章にはこんな見出しが続きます。

 無駄な戦いを繰り広げる人の特徴

 必ず「ダメになる」人の特徴

 

サラリーマン社会にもそんな人、わりといるよな。なんて思いつつ読み進むと、、、

 

あれ?自分もそんなアホの1人じゃないか?

 

と思い至るまでにそう時間はかかりませんでした。そうか、オレもこんなこと考えてる。くよくよしてるよな、プライド高いよな、とか。

 

この本はこう言っていると思います。

周りがアホと思って悩んでも無駄だよ。他人がアホとすれば、アホを変えるのは難しいんだから。

それより変えられるとしたら自分だ。だったら、自分を変えようよ。すると世界が変わる。

 

他人の目を気にするな、他人を恨むな。

アホとではなく自分と戦え!

 

この本は、他人の立場に立って考えることの大事さも教えてくれる。詳しくは読んでみてね。

 

色々と、気分が楽になると思います。

気が楽になれば、楽天的に物事を見られるようになるのでは。

 

コンカツ中の人も、楽天的にいきましょう。

明日もがんばっぺ 

 

婚活は、ハッピー!結婚相談で。

www.hapi10ra.jp