妻だけのカッコいい夫、愛妻家になろう。ライフデザインと婚活の blog

結婚相談所をやってます。『ただ一人、大切な女性だけのカッコいい夫』を目指すひとや、『キャリア以外も自己実現』したい人の婚活をお手伝いしたい!  一緒に成長し、目指しませんか?

  婚活中の、または検討中の方々へ

映画『シェイプ・オブ・ウォーター』人魚でなく、ギョジンとの恋

 最高のおとぎ話。オトナだけでみたい。映倫R15+です)

 3月1日封切り。今月は本当に洋画の大当たりの月。コレも絶対見逃さないと決めて、見に行った。悲しげで切ないカイジュウものだけど、純愛の物語。

 先日のアカデミー賞で作品+監督+作曲+美術賞と4部門をさらった。

 

 『人魚』姫は、顔と上半身は人間、それも美女だけど、下半身は魚。人魚と人間の王子との悲恋はもちろん美しい。じゃぁ、『魚人』(顔も魚で全身ウロコ、でも形は四肢ある人間)のオトコと、平民の人間のオンナとの恋は?

f:id:YTT:20180315221404j:image

 『人の恋路を邪魔する奴は馬に蹴られて死んじまえ』、というけど、こんな話なら当然、あらゆるジャマが入るよね。でもナゼみんな、ほっといて「あげられない」の?(そう、放っておかないのじゃなく、放っておけない)

 というひねくれた発想から、かえって純粋な人間の気持ちが浮き出てくる、、というそんな話。

 音楽も着想も設定も演技も、全部が見事にはまって、映画の世界に深く引きずりこまれる。

 冒頭、ミュージカルの舞台下からの交響楽と口笛を遠くで聞くような、または水の底で鳴っているような変わった響き。『グレイテスト・ショーマン』のストレートな音楽も素晴らしいけれど、このティム・バートンをもっとやさしくしたような(あ、そうか。『シザーハンズ』もちょっと似た映画だ)曲調はたまらないなあ。

 時代設定も60年代にして、全然別の世界の話にあえてしている。そうして、命をかけるような価値ある事って、どんなこと?

 と言うテーマをあまり重くとらえずに考えられる感じ。つまり、とってもよくできた映画でした。Yahoo!映画では3.75点と、『グレイテスト・ショーマン』の4.35に負けるけど、こっちは万人受けしない、というだけのこと。

 だって本作はR15+(映倫で15才以上とのこと)。主演のサリー・ホーキンスがまぁ美人ではなく、割合簡単に全裸になり、少年少女と一緒だと、聞かれても話しにくい場面もあるので、一緒に見る相手は、よく気心知れた人の方が、いらんこと気にせず集中できるでしょう。

 

 知り合って間もないデートで見るなら別のもっと普通に良いものがよさそう。グレイテスト・ショーマン」とか。ハイ、論評以上です~。

 でも断然いい。また見ようかな。

 

ところでこの話、婚活と何の関係があるの?

表面的なことだけで相手を判断しては、その人の素晴らしいところは見えない、ということなんじゃないでしょうか。

最初はびびっと響かない相手にも、まず、純粋に関心を持ち、その人の中身をよく知ってみよう、と心がけると、より嬉しい発見があり、きっと良いことがありますよ。

 

ーーーーー 

 婚活は、ハッピー!結婚相談で。

 

www.hapi10ra.jp

 

 いろいろな出会いが見つかる。見つけて一歩、前へ進もう。

 小さな一歩を踏み出す。ゼロから一へ、お手伝いします。

 ハッピー!結婚相談 代表 豊井ゆきたか