妻だけのカッコいい夫、愛妻家になろう。ライフデザインと婚活の blog

結婚相談所をやってます。『ただ一人、大切な女性だけのカッコいい夫』を目指すひとや、『キャリア以外も自己実現』したい人の婚活をお手伝いしたい!  一緒に成長し、目指しませんか?

  婚活中の、または検討中の方々へ

バレンタイン 男からお花を贈ろう

2月14日は、チョコもらってうれしい日

f:id:YTT:20180219222447j:image

 少し乗り遅れましたが、ゴディバジャパンが「日本は、義理チョコをやめよう」なんてニッケイに新聞広告を出し、相当話題になったそうです。スマホで何でも読めるご時世に、紙でも日経購読しているワタシですが、完全に見落とした。

 

 そんなことも知らず、当日は少しチョコいただいて、嬉しかった。義理チョコなんてワタシは呼ばない。

f:id:YTT:20180219225820j:image

 写真は、いただいたチョコ。下の袋にちょっとしか入ってないのは、食べちゃったからで、くれた人が間違えたわけではありません!(それでも写真に載せて、なんかセコくてすみません)

 

見栄ばかり張る気はございませんが、実際はこれより若干多めのかたからいただきました。(義理チョコの催促では決してありません)

 

贈り物というと「気は心」。 

 妻でもないけどお仕事の仲間や、時々行くレストランのスタッフさんから受け取ったからといって、ワタシはこれを義理チョコとは言いません。そんな言い方、贈ってくれた人に失礼だ。

 気は心。もらえたら素直に嬉しい。感謝して喜んでお礼するのが自然と思います。

 とはいえ、今の世の中、おかげさまで義理チョコはずいぶん減った(はず)。バレンタインのチョコの買い方はもう既に人それぞれだ。

 今どき、やりたくもない相手にお義理でチョコ買う人も相当減った(はず)。自分のご褒美に、おいしいチョコ買う女性も増えたと聞く。

 だからゴディバジャパンさん、貴社の広告、いまさらの余計なお世話です。日本の個人はもう自分の意思で自由に判断できてますから。(こちらの社長さんは弓道までたしなむ知日派のフランス人男性なのに)

 

男から贈り物をする

 ところで肝心の妻は忙しく、今年はチョコはありませんでした。しかし気は心。

 相手が忙しくても、こっちから気を示すことはできます。男から贈り物をしてもOKなわけです。

 

もともと2/14は、欧州では知らないが米国では、女か男かは関係なく、大事な人、たとえば、恋人、夫や妻だけではなく、親、きょうだいや大事な友人などに、チョコ、花やカードを贈ります。

 というわけで、正確には翌日2/15でしたが、お花屋さんでピンクの大きなバラを一輪買い、妻に贈りました。(証拠写真はありません。かわりに先頭の写真は、結婚記念日の花束を掲載。)もちろん奥様は喜んでくれました。

 

時々、お花を贈ろう。一輪でよいから

 一日遅れでも、こういう日を大事にしているんだよ、と大事な相手に示すことは、結婚した後の方が、より重要になります。

 

ちょっとしたことでよいので、時折男からそうするのは、よき夫婦関係を長く続ける秘訣だ。

 

カップルによって違うとは思うけど、お花を一輪でも贈るのがよいと思う。なぜなら、花は誰でも嬉しいものだし、繰り返し渡しても毎回喜んでもらえる。

 

 ホントは男女ともお互い同じだよ、と言うのが正しいのですが、お互い待っててもかえってつまらないので、オトコから動くほうが得策だろう。

 

 だいたい、オトコが「待ち」の姿勢というのが多いけど、それでは男女関係は始まりません。

 

 ただし、気をつけよう。お花はちゃんと自分で見て、相手のことを思ったり考えたりして選ぼう。そして、渡した後は、どんな花が好きか聞こう。すると、次の花を考えるのが楽しくなる。勿論、相手の花がわかっていれば、それにすればよい。

 

 というわけでゴディバジャパンさんのことは置いといて、ワタシはこう言いたい。

 「バレンタインは、男からお花を贈ろう」

 

 婚活は、 

www.hapi10ra.jp

ハッピー!結婚相談 虎ノ門の結婚相談所まで。

 いろいろな出会いが見つかる。見つけて一歩、前へ進もう。

 小さな一歩を踏み出す。ゼロから一へ、お手伝いします。

 

http://www.hapi10ra.jp/

 代表 豊井ゆきたか